ス ポンサードリンク

2009年01月31日

「第4話 ありふれた奇跡」女装友達=ジョソトモ

先週を見逃してしまったので、余計そう感じるのかもしれませんが・・・

意外なほど、話が進んできましたね!

何でしょうか、これが「山田太一ワールド」って感じで、独特な台詞回し、間やテンポがホント心地良いドラマ。コメディーでさくさく進んでいくドラマも嫌いではないですが、こういう世界観のドラマは少ないので大事に見たいなって思います、ハイ。

と、語っておいてなんですが、今回は今までになく、一番笑いどころのある明るい場面が多くて、それもまた良かったかも。(それと同時に、登場人物それぞれの秘め事も描かれ、うまく場面展開してましたね。)

やっぱり、中城加奈(仲間由紀恵)が田崎翔太(加瀬亮)の家を訪れるシーン(^^;
まず、じいちゃんの着物に、ソファに布かけ(^^;
重夫(風間杜夫)と四郎(井川比佐志)の掛け合いが良い♪

んで、極めつけは、2階でアイリッシュダンスを踊って盛り上がる二人に

「合意にしては激しすぎないか?」って・・・オイ\(^^;)

うん、確かに、そういうことなら激しすぎる・・・カモ(*^_^*)


それから、なになに、最後にまた意味深なシーンが。
加奈のパパと翔太のパパは知り合い?しかも、次回予告では

岸部一徳&風間杜夫らしき人物がじょ、じょ、女装してるーーーー?!?

(*^_^*)ギャハ。そういう展開なの?2人は女装パブ友達?略して、ジョソトモ?(勝手に略語を作る私(^^;)

ま、この辺は、来週のお楽しみっつーことで♪

この辺りの出来事も踏まえて、登場人物の裏の部分が少しずつ、描写されてきましたね♪

加奈のママの不倫。パパ同士のジョソトモ(*^^*)、加奈の外国で出来事(白黒の回想シーンが時々出てきますね。)それから、加奈と翔太のキス♪これは、嬉しい隠し事ですが・・・。

ダンスのシーンも素敵でしたが、キスシーンとっても素敵でした♪
夕日の中で、やさしく重なりあう2つの影♪

と、書いてみましたが、テレビの前の私は、
「おーっと、してる?え?キス?え、え、してるの?してないの?してる?」

こんな感じでしたwww
でもキスしてましたね♪HPにもそう書いてありました♪

加奈の過去とこれからの二人が楽しみです。あ、ジョソトモも(^^;



女装グッズは、「IKKOなりきりセット」です・・・って何紹介してるんだ\(^^;



今度は、まじめに主題歌CD「ありふれた奇跡」収録♪

【送料無料!】雪と氷の旋律 / エンヤ
posted by ドラマとめ at 13:11 | Comment(0) | ありふれた奇跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

「第3話 メイちゃんの執事」また来週〜

おっと、いきなり本編ではなく、次回予告がかなり意味深な感じ・・・。
ルチア様(山田優)と理人(水嶋ヒロ)の抱擁(*^_^*)
そして、ルチア様の執事忍(向井理)とメイ(榮倉奈々)のキスシーン?!?!・・・コレは、未遂で終わると思うけどね。どうでしょう?

来週のストーリーの進展が楽しみです。


で、先週次回予告で、「私たちがデュエロをする」と言っていたので、今日は楽しみにしていたのですが、結局デュエロシーンも来週までお預け・・・もしくはしないのか?

そんなわけで、なんだか見たいシーンは来週な感じですが・・・(^^;


ルチア様の本当の思いを知らないメイは、その言葉を信じきってしまい、執事の理人(水嶋ヒロ)を避け始める。
ルチアは、メイに「自分が本郷家の当主になったらメイの望みを絶対にかなえてあげ」と告げる。メイは望みをかなえるためにこのお嬢様学園にいるわけで、在学している意味が無くなり、悩む。

そんな中、泉(岩佐真悠子)とメイがひょんなことからデュエロで対決することに。なんだかんだ、悩んだ末、対決をすることに!で、対決は来週ね(^^;


ここで、疑問なんですが・・・。

どうして、ルチア様や他のお嬢様はメイの執事・理人の事を「理人"様"」って、様付けで呼ぶのかなぁ〜・・・と、そんな事、真剣に考える自分がやになるけど(^^;

たとえ、Sランク執事とはいえ、執事は執事!「様」づけはねぇ〜。挙句、目がハート♪って、どーなのよ、オイッ\(^^)

でもま、私がこの学園のお嬢様でも、確実に「様」で呼んじゃうけどね(><;ナンジャソリャ
水嶋ヒロが執事よ〜♪ルチア様の執事も確実に「様」付けだね・・・私なら♪

そういうことで、来週の展開を期待するとともに、
途中で入る「ダイワハウチュ」のCMをまた来週も見たいです。
なんでダイワハウチュなんだ・・・


【送料無料!】ヒロ様カレンダー [2009年] 楽天最安値&送料無料!


原作マンガはコチラから♪


メイちゃんの執事
第1話第2話


映画視聴率速報・その他のドラマ映画レビューはドラマランキング

posted by ドラマとめ at 17:33 | Comment(0) | メイちゃんの執事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リンク集

次項有ドラマレビュー.net
いろいろなドラマの感想等を書いていきます。

次項有有 パチ夫の館 〜映画批評とドラマレビューの殿堂〜

次項有どらまにあ
テレビドラマのあらすじ・感想のレビューサイトです。
posted by ドラマとめ at 12:47 | Comment(1) | リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「第4話 トライアングル」サチってうっかり屋

「佐智絵を殺したのは、私よ…!」

って、そうなの〜?そこで終わるかぁ(><)
不安定状態の佐智絵ママだから、被害妄想入ってるってこともあるしね・・・でも、犯人を知っているとか共謀したとか、知っていて止められなかったとか、そんなところか?

そうだとすれば、顔にアザのある男"新藤利道"(宅麻伸)と佐智絵ママがどういう関係なのか?佐智絵の死にどのように関係があるのかが問題。

娘が死んでしまって不安定なのではなく、殺してしまって不安定・・・なのかぁ。


さて、今日のツッコミ所のコーナーですが(^^;いつからそんなコーナーが?(^^;




映画視聴率速報・その他のドラマ映画レビューはドラマランキング

手(パー)感想文の続きを読む
posted by ドラマとめ at 09:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | トライアングル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

「第2話 銭ゲバ」ゲバって何?

面白くなってきたーーーーd(^_^)b
って思ったのは、私だけか・・・?

風太郎(松山ケンイチ)と緑(ミムラ)がいくらお友達になったとはいえ、あのクルージングパーティーに、招待して他のお友達に紹介するかなぁ・・・風太郎を(^^;
お嬢とはいえ、空気読めなさすぎ。でも、おかげで風太郎にはチャンスが到来するわけだけどね。

さて、皆さんは「銭ゲバ」の「ゲバ」って知ってますか???

実は、「内部ゲバルト」のゲバなんです。

???んじゃ、ゲバトルって何?

ゲバルトとは、ドイツ語で暴力とか内部抗争・・・の意味。巨大な権力などに立ち向かうって感じの「暴力」で、「レジスタンス」って感じの意味だと思います。
今ある政治に逆らって、暴力的に反対政治運動するとか、そういうときに使う言葉。

ある、一定の年齢の方には「ゲバトル」って言葉は懐かしいと思います・・・年がばれる(*^_^*)

で、横にずれましたが、結局、風太郎は三国造船のお嬢様・緑とお友達に、そして緑の妹・茜(木南晴夏)の心をうまいこと掴んでしまう。

風太郎、三国家に転がり込むのかどうか、楽しみ♪

一方で、風太郎が殺した寺田の捜査を担当している刑事荻野(宮川大輔)は、実は風太郎が少年時代に撲殺してしまった方の兄弟!どちらの事件も風太郎が犯人ではないかと問い詰める、荻野。

最後は捕まるのかな・・・風太郎。

トライアングルがちょっと、私の中で中だるみ系になってきたので、銭ゲバの推理が楽しい感じ♪松ケンびいきって事もあるけど(*^_^*)

来週の展開が気になる!




posted by ドラマとめ at 19:26 | 銭ゲバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

「第2話 ありふれた奇跡」じゃ無くて「リセット」を

第2話 ありふれた奇跡

最初に・・・やってしまった(;_;)

録画し忘れちゃいました(;_;)ショック。実際は忘れたのではなく、裏番組の「リセット」を撮ってしまって・・・。それはそれで、面白かったんだけど、すっかり「ありふれた奇跡」とんじゃってました。なので、今日からちゃんと毎週録画に設定します(;_;)

んなわけで、ホームページ行ってあらすじ、見てきますぅ。






ただ今、見てきましたぁ。

やっぱり、死のうとしたことがあったんですねぇ。2人とも。これから、その陰がちょっとづつストーリーと混ざり合っていくのかなぁ。
で、二人の距離も、どうなるのか気になるところ。

目まぐるしく劇的な展開があるような、ドラマでもないが・・・じっくりと見たいとおもいます。つーか、3話は絶対に見ますぅ。




おまけ
【スペシャルドラマ・リセット】
3本だて。私は、番宣でチュートリアルが出ていたので、ついつい勢いで予約してしまいまして・・・(^^;

タモリの「世にも奇妙な物語」的な感じ。で、ストーリーテーラー的な役目なんだけど、人間には無い不思議な力を持つ「アンリ」役に津川雅彦。

要するに、悲しい結末を迎えてしまい呆然とする人たちの前に、突如アンリが出現。こんなことになって後悔しているなら、重要な岐路であったあの時に時を戻してリセットしますか?と問いかける。リセットする主人公に別の人生がまっているのだが、その人生の結末がリセット前の人生より幸福かそうでないかは、リセットしてみなければ分からない・・・。

やっぱり「世にも・・・」に作りが似ていると思った。
ストーリーは、 昔、山下 智久と長澤まさみがやっていた、「プロポーズ大作戦」にも似ていると思った。あのドラマの三上博史扮する妖精役が、このドラマのアンリって感じかな・・・。

次回からは、連ドラとして、アンリ役をココリコの田中直樹に引継ぎ、進めていくらしい・・・。が見ようかは、検討中。。。

posted by ドラマとめ at 18:01 | ありふれた奇跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「第1話 ありふれた奇跡」気になるラストの台詞は・・・。

第1話 ありふれた奇跡

ラストのシーンまで、なんだかフワァーと見ていた。特に、つまらないとか、飽きると言う感じも無いんだけど、淡々と物語が進んでいく感じ・・・ほのぼのって感じでも無いんだけど。

まぁ、考えてみれば、「ホームに立つ1人の男性藤本誠(陣内孝則)の飛び込み自殺を、それぞれ他人の中城加奈(仲間由紀恵)と田崎翔太(加瀬亮)が間一髪のところで取り押さえる。」そんなシーンから始まるドラマだから、ほのぼのとはやっぱり違うかなぁ。

で、気になるラストシーンの藤本の一言は

「お二人とも死のうと思ったことがあるんじゃないかと・・・」

で終わる。

「飛び込もうとするその瞬間まで自分はホームの後ろに下がり、他人からは自殺をするようには絶対見えなかったはず。それなのに、何故自分が飛び込もうとしているのが分かったのか?」と問いかける藤本のとどめの台詞が上の台詞。

終始、フワァーとした感じで進んでいくストーリの中、最後の最後にこの一言は、見ている者をドキッとさせる。ちょっと鳥肌たったし(^^;

もちろん、ここで終わられたら、次回を見るしかないって感じかな。

でも、あの独特のフワァーとしたテンポ、苦手な人は苦手かも。しかも、仲間由紀恵の棒読みのような台詞回しも、わざとなのかなぁ(^^;私は嫌いじゃないけど・・・。

ハラハラドキドキさせるドラマとはマ逆なんだけど、でも、でも引き付ける所は引き付けるって感じで、私は好感持てたドラマでした。

posted by ドラマとめ at 16:38 | ありふれた奇跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「第2話 メイちゃんの執事」聖ルチア学園校則

メイちゃんの執事

う〜ん、今回も軽い感じで進んでいきました。若干、友情とか恋的な要素も混ざりつつ、やっぱりドタバタしていて真剣に見られません(;_;)感情移入ができる、内容でもないしね(^^;

2話で分かった、
【聖ルチア学園の分かった校則】

・執事の服装も仕えている生徒のランクで決められており、陰クラスの執事はジャケットの着用が許されていない。

・生徒たちのランクは、下から「陰<オンブラ>」「月<ルナ>」「太陽<ソーレ>」

・生徒のランクは、成績、淑女としての正しい振る舞いにより決まる。

・ベルには10個の窪みがあり、緑の星を10個で月<ルナ>、青い星10個で太陽<ソーレ>になる。

・多くの生徒は月のまま卒業し、太陽ランクまで上がれるのは100人に一人程度らしい。

・お嬢様と執事との恋愛は禁止

って、なんじゃそりゃ。。。疲れたぁ(´`)
「ポイント集めて、お嬢様になろう!」ってそんな感じかな・・・。
ドラマだから別に何でもありなんだけど、自然と不自然がうまくかみ合ってなくて、うぅん気持ちよくない感じ・・・。でも、また見ちゃうんだけど(^^;エヘヘ
でも、基本、コメディーと言うかかみ合ったドタバタドラマは好きです!ハイ!
もう少し、見せるところをパンチ聞かせて見せてくれることを、希望っす!
(水嶋ヒロの魅力は全開にパンチ効いてますけどね♪うん、うん、あんな事言われてみたいし(*^_^*))

で、今回は、意地悪お嬢様のリカがメイに、聖ルチア女学園の伝統である決闘<デュエロ>を申し込む。デュエロとは、お嬢様の代理として執事同士が戦い、負けた方が相手に自分の執事を差し出す、というもの。
で、結局、理人が買って、メイはリカの執事・青山(真山明大)を頂くことに。

それで、色々あって結局は数日後メイにリカが頭を下げて、青山をリカの元に返す。
メイと執事・理人との信頼関係、リカと執事・青山との信頼関係、リカとメイの友情が最後には、良い感じになって落ち着く。

そうそう、理人弟は執事試験に理人よりも良い成績で合格し、リカの執事見習いと言うことになっている。なんか、ガサツな剣人が優秀な成績で執事の試験に1発合格って、何か後々のストーリの伏線なのかなと、怪しんでみたりした。
どうでしょうか?

ルチア様が、実は、本名、本郷詩織――メイ同様、本郷家を継ぐ資格を持つ者だった。そんで、あんなにメイのことを陰で嫌って嫌がらせを企んでいるのかと思いきや、理人とも昔なにかありそうな感じ・・・。
今後、その辺りも、気になるとこ・・・カナ。

メイちゃんの執事
第1話■第2話■第3話


映画視聴率速報・その他のドラマ映画レビューはドラマランキング
posted by ドラマとめ at 16:09 | Comment(0) | メイちゃんの執事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

「第1話 メイちゃんの執事」仮面ライダーブラザーズ参上

うぅ〜ん、「イケメンパラダイス」か「花男」のデジャブかと思った(^^;
演出とかセットもそっくりだし・・・。どうも、イケパラの企画した方がスタッフにいらっしゃるようですね。

メイちゃんの執事初回の視聴率は14.9%。

まぁ、そういう感じのドラマです(^^;ってどんなドラマなんだぁ??

では、あらすじ・・・
とある町のうどん店のひとり娘で、17歳の女子高生・東雲メイ(榮倉奈々)が、突然の両親の死によって、自分が大企業・本郷グループの血を受け継ぐものだという事実が明らかになる。

んで、なんだかんだで、聖ルチア学園というお嬢様学校に通うことになり(学費は月1億円だそう(^^;)、本郷グループに代々仕えてきた執事の家系・柴田家の若きホープ柴田理人(水嶋ヒロ)がメイの執事になる。容姿端麗で頭脳明晰、強じんな肉体と精神力を併せ持つ理人は公式執事資格の最高位であるSランクを獲得している数少ない執事のひとりで、「うどん娘」メイのピンチを度々助ける事になる。

うぅ・・・、ちょっとイケメン系ドタバタ学園ドラマって感じなのがちょっと残念。でも、その分気軽に見られるけど♪

水嶋ヒロ扮する柴田理人と理人の弟役で破天荒でメイの幼馴染に柴田剣人(佐藤健)はと言えば、そう!!!


「カブト」&「電王」ブラザーズ!!!


すごい、仮面ライダーの2大競演♪天堂君と良太郎君っす♪
夢の競演だわ〜目の保養、目の保養(*^_^*)

そんでもって、学園最高の淑女の称号を与えられた絶対権力者・ルチア様(山田優)とその執事執事(向井理)って『正義の味方』で夫婦役?

なんか、他のドラマの名前がたくさん浮かんで来る、ドラマだなぁ。

今回は、庶民の臭いプンプンの転校生メイが、お嬢様同級生に喧嘩吹っかけられて、なぜか「お料理対決」って事に・・・なんじゃそりゃ???

で、ライバルの嫌がらせにあったりして、食材が使えず、小麦粉で自慢のうどんを作ることになるが、お嬢様学校の審判はあっけなく、メイは敗北。学園を去ろうとするが、本郷グループのじいさんが、「仲の良かった両親を同じ墓に入れたければ、学園生活を送り続けろ」との命令で、考え直し、お嬢様になることを決意する。

次回は、執事同士の対決らしいが・・・
イマイチドラマに入りきれない私だが、目の保養に来週も見ることにする(*^_^*)

メイちゃんの執事
■第1話■第2話第3話

映画視聴率速報・その他のドラマ映画レビューはドラマランキング

posted by ドラマとめ at 20:55 | Comment(0) | メイちゃんの執事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

「第1話 キイナ」セクスィー部長&専務も

キイナ〜不可能犯罪捜査官〜

他のドラマからちょっと送れて、「キイナ」スタートしましたね。

初めに、初回視聴率は16.5%でした。かなり、良いです!


主演は、菅野美穂さん。ドランクドラゴンの塚地武雅さん、まさかの元彼役とは・・・(^^;んで、上司の雅一馬役・御手洗修司役に沢村一樹さん&草刈正雄。うぉぉぉぉ、こ、これは、セ・セ、「セクスィー部長」と「セクスィー専務」!でも、沢村さんは笑顔一つ無い、ニヒルな感じの役どころ。もとは、そういう役が多かったように思うんだけど、最近はちょっと3枚目な感じ(^^;だから、久しぶりに新鮮で良いかも。

ストーリは、1話完結の推理・刑事もの?ちょっとタイプは違うけど、「ヴォイス 」とも似ているかも。

女性捜査官の春瀬キイナ(菅野美穂)は、不思議な事件ばかりを捜査する1人きりの部署、通称「ベッパン」に所属。キャリア組ながら現場を志願した新人捜査官・山崎タケル(平岡祐太)とコンビを組んで捜査に当たる。

今回の話は、心臓を移植した日から、同じ殺人風景を見てしまうという女性(白石美帆)からの依頼。「きっと、この心臓を提供してくれた方が私に訴えている!その方は、殺されたのではないか?」

結局、依頼者の言うとおりで、「自殺」とされていた死因は、「他殺」に変わりました。
でも、そういう事って、あるんですねぇ・・・。番組内でも、説明していましたけど、人間の体って不思議だ。

そうそう、この犯罪トリックは、昔「仰天ニュース」で放送していたもの!!!って気が付いた方いますか?
キイナが犯人追い詰める時の映像はまさに「仰天ニュース」で流れていた映像そのもの・・・。

調べてみたら、このドラマ「仰天ニュース・特命リサーチ」なんかで放送された本当の事件を題材にしているんだとか。主演の菅野美穂さんもワイドショーに番宣で出演されたときに、おっしゃっているようなので、間違いないですね。
そういう、視点から見ても、意外と面白いかも・・・。

それから、キイナのあの特殊能力もすごい。「サブァン症候群」なの?
見たものを、形として一瞬で覚えてしまう。それから、速読!読めるのはすごいけど、メモを取ったりしていないので、瞬発的な記憶力のみならずいつまでも記憶しておくことができる!
「受験勉強とかどうだったわけ〜」とまるっきり現実的なこと考えてしまう、一般人の私でした(^^;
posted by ドラマとめ at 16:24 | キイナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

「第1話 銭ゲバ」見たヅラ。

週末「銭ゲバ」見た見た(^^)
松ケン、怖いよ〜(^^;でも、さすがはカメレオン俳優、執念のある不気味な感じ旨く演じていましたね!「セクロボ」のロボとはとても別人!!!

んで、内容・・・特に回想シーン!涙なくして見られませんでした(;;)
松ケン役の子役は、「流星の絆」のお兄ちゃん役の子!!!今回またしても、なんとかわいそうな役どころ・・・(^^;すっかり、あの子のお顔、覚えちゃいました。演技も、文句なし!
さて、原作(漫画)は、70年代の物語みたいです。あの日雇いの仕事場、現代でも存在する風景なのでしょうか?どうなんだろう・・・?番号で従業員を呼んだり、初め刑務所なのかと思ってしまったのは、私だけ?

松山ケンイチ扮する蒲郡風太郎、小さい時に「金遣いの荒い父親と絶える病弱でやさしい母親」のもとで暮らすが、結局母はあっけなく病死。貧乏を恨み父を恨み、やがてはお金に復習をしてやろう・・・とゆがんだ大人に成長していく。
母が死んだ後、混乱した風太郎が、お世話をしてくれていたある方を撲殺してしまう。

また、時は現代に戻り、お金に困った同僚の寺田(田口トモロヲ)が風太郎の金を盗もうとして、ケンかになり、やはり寺田も殺してしまう。

寺田の事件を捜査している荻野聡(宮川大輔)は、何で風太郎の名前を知っているんだろう?昔、風太郎が撲殺してしまった事件も担当していた?か、殺されてしまった人の身内か・・・?

それから、三國造船の娘・緑(ミムラ)とその妹との再会とこれからがかなりドラマのポイントになって行きそう。後、来週は憎む父とも再会するようなので、こちらもどうなることやら・・・。


そうそう、視聴率・・・「12%」!!!

微妙(^^;
でも、土曜の9時で、あの通り重たいドラマ、大健闘ってことでOK(^^)
そう言えば、裏で「ハリポタ」もやっていたしね(^^;うんうん、重ね重ね大健闘です。

前回、松山ケンイチの初主演ドラマだった「セクシーボイス アンド ロボ」がイマイチ振るわなかったので、ヒットするといいなぁ。
来週も見るズラ〜。
posted by ドラマとめ at 22:19 | 銭ゲバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「第3話トライアングル」私が愛した容疑者???

前回の流れから、まずサチ(広末)を刺そうとした、犯人は、「頬にあざのある男」に雇われたと言うこと。郷田の傷もたいしたことなく、ホッ。

で、佐智絵が書いた4年生のときの手紙・・・。「頬にあざのある男」のことが書いてあったのに、何故、舜(稲垣吾郎)の父、信造(北大路欣也)は嘘の発言をするのか?!怪しい〜。昔、担当者の自分が解決できなかったから見え張ってるとか、そんな簡単な理由じゃないよね〜。う〜ん、怪しい。

んでんで、やっと出てきた大杉連さん。サチの義理の父役。佐智絵の本当のお父さんだよね、きっと。これまた、なんで志摩野(堺雅人)と知り合い?つーか、志摩野(堺雅人)は一体何者?!だんだんと、首を突っ込んで知りすぎてしまう、サチの友達の真知子(市川実和子)も心配だし・・・。

そう、ちょっと気になったんだけど、今日のサブタイトルテレビ欄では「私が愛した容疑者」。なのに、実際のオープニングでは「3 容疑者」になってる。
気づいた方いますかぁ?

「私が愛した容疑者」をつけるはずだったとして、そうなると最後のシーンから、「私」は佐智絵の母、「容疑者」は「頬にあざのある男」!つまり、2人は不倫関係だったとか。
どうでしょうか?私の推理(^^;

それに、なんとなく気づいていて不快に思ったか、「ほほ傷の男」から嫌がらせをされていたかで、佐智絵は悩んでいたとか・・・どうでしょう?!

「頬にあざのある男」・・・これから大注目です。あ、役者さんは宅麻伸さんでしたね。

それから、堺雅人さん扮する志摩野は、何者?!かなり、行動が謎ですよね。しかもしかも、公式サイトによると郷田たちより4歳年上の設定なんですよねぇ・・・(^^;ちょっと、無理を感じるのは私だけ?そうなると、郷田の無くなったお兄さんと同級生?!なぁぁぁんて、勘ぐり過ぎな私(^^;

頑張れ!「ゴウちゃん」「黒スケ」「丸スケ」〜♪


posted by ドラマとめ at 21:49 | トライアングル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

「第2話トライアングル」谷原章介さんのクルクルヘアー

怪しげなタイトル、失礼しました。
だって、だって、気になるんだも〜ん♪谷原章介さんのクルクルした襟足♪襟足って言うか、耳の横?下?谷原さんだから似合うヘアースタイル。章介王子ヘアー♪

で、ついでに言えば、ゴローちゃんの警察官もぎこちなくて気になる(^^;「西署の黒木です」って言うシーン。警察手帳出す姿が、なんとなく・・・私だけかな(^^;

で、横にずれましたが・・・・

サチは幼女でしたかぁ。そう言うこと。で、お母さんは不安定状態なのねぇ。納得。

「ありがとう。葛城佐智絵さんを殺してくれて、ありがとう。」
ってサチの台詞。身代わりで生きていくことを決意している様子。
そういった葛城家の事情も知る堺雅人扮する志摩野は、いったい誰なの?関西弁のお友達もお知り合いみたいだし・・・。

この辺も、まだまだ謎が多くて、怪しい。

それにしても、堺さん。今日も、笑ってましたね(^^)
さすがは、「喜怒哀楽を全て笑顔で表現する」男!!!
今後の笑顔にも目がはなせません。

で、またしても横にずれましたが・・・
最後のシーン
「助けてあげてください。
 ぼくはまだ子供だから。どうすればいいかわからないから。
 でもすごく悩んでると思うから。葛城佐智絵さんを助けてあげてください。」

この郷田(江口)の25年前の手紙の意味は?
サチ(広末)が、なんで、誰に刺されそうになった?身代わりになった郷田(江口)は?

うーん、まだまだ謎だらけ。
posted by ドラマとめ at 11:45 | トライアングル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「第1話トライアングル」江口洋介が犯人なの!?

とにかく、豪華出演陣!!!

江口洋介、広末涼子、稲垣吾郎、北大路欣也、相武紗季、谷原章介、佐々木蔵之介、堺雅人、小日向文世、大杉漣、風吹ジュン・・・ってオイ!

皆さん、主役級の役者さんばかり。昨年、主演・助演で見た方ばかりですよねぇ〜。つーか、谷原さん、佐々木さん、そして江口洋介さんの同窓会!行きたいよ!絶対ありえねぇ〜(;;)素敵過ぎる、同窓会!
・・・おっと興奮しすぎ(^^;マギーさんは欠席で、ナイス選択!ってそうじゃないって(^^;失礼

そんなワケで、皆さんがそれぞれミステリアスな雰囲気出まくりで、初回から全員怪しいのなんのって・・・。

25年前の葛城佐智絵事件の真相とは?
郷田は一体、何の目的で25年前の事件を調べ始めたのか?
そして、「死んだはずの葛城佐智絵名乗る女」はいったい誰なのか?

序盤から、江口扮する郷田がいかにも犯人かのようなストーリー展開は、多分お約束で、江口が犯人ではないんでしょうね・・・と思いつつもドキドキして見てました。
広末涼子扮する葛城佐智絵も、死んだはずなのに何故?
多分、郷田が35才・佐智絵(サチ?)は30才の設定になってるようなので、広末扮する葛城佐智絵は本人ではないのでしょう・・・じゃ誰?妹とか?

なんか、豪華出演人と謎が多すぎて、頭がグルグルしてますが、来週も見るの決定です。

posted by ドラマとめ at 11:08 | Comment(0) | トライアングル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。