ス ポンサードリンク

2009年01月26日

「第2話 メイちゃんの執事」聖ルチア学園校則

メイちゃんの執事

う〜ん、今回も軽い感じで進んでいきました。若干、友情とか恋的な要素も混ざりつつ、やっぱりドタバタしていて真剣に見られません(;_;)感情移入ができる、内容でもないしね(^^;

2話で分かった、
【聖ルチア学園の分かった校則】

・執事の服装も仕えている生徒のランクで決められており、陰クラスの執事はジャケットの着用が許されていない。

・生徒たちのランクは、下から「陰<オンブラ>」「月<ルナ>」「太陽<ソーレ>」

・生徒のランクは、成績、淑女としての正しい振る舞いにより決まる。

・ベルには10個の窪みがあり、緑の星を10個で月<ルナ>、青い星10個で太陽<ソーレ>になる。

・多くの生徒は月のまま卒業し、太陽ランクまで上がれるのは100人に一人程度らしい。

・お嬢様と執事との恋愛は禁止

って、なんじゃそりゃ。。。疲れたぁ(´`)
「ポイント集めて、お嬢様になろう!」ってそんな感じかな・・・。
ドラマだから別に何でもありなんだけど、自然と不自然がうまくかみ合ってなくて、うぅん気持ちよくない感じ・・・。でも、また見ちゃうんだけど(^^;エヘヘ
でも、基本、コメディーと言うかかみ合ったドタバタドラマは好きです!ハイ!
もう少し、見せるところをパンチ聞かせて見せてくれることを、希望っす!
(水嶋ヒロの魅力は全開にパンチ効いてますけどね♪うん、うん、あんな事言われてみたいし(*^_^*))

で、今回は、意地悪お嬢様のリカがメイに、聖ルチア女学園の伝統である決闘<デュエロ>を申し込む。デュエロとは、お嬢様の代理として執事同士が戦い、負けた方が相手に自分の執事を差し出す、というもの。
で、結局、理人が買って、メイはリカの執事・青山(真山明大)を頂くことに。

それで、色々あって結局は数日後メイにリカが頭を下げて、青山をリカの元に返す。
メイと執事・理人との信頼関係、リカと執事・青山との信頼関係、リカとメイの友情が最後には、良い感じになって落ち着く。

そうそう、理人弟は執事試験に理人よりも良い成績で合格し、リカの執事見習いと言うことになっている。なんか、ガサツな剣人が優秀な成績で執事の試験に1発合格って、何か後々のストーリの伏線なのかなと、怪しんでみたりした。
どうでしょうか?

ルチア様が、実は、本名、本郷詩織――メイ同様、本郷家を継ぐ資格を持つ者だった。そんで、あんなにメイのことを陰で嫌って嫌がらせを企んでいるのかと思いきや、理人とも昔なにかありそうな感じ・・・。
今後、その辺りも、気になるとこ・・・カナ。

メイちゃんの執事
第1話■第2話■第3話


映画視聴率速報・その他のドラマ映画レビューはドラマランキング
スポンサードリンク
posted by ドラマとめ at 16:09 | Comment(0) | メイちゃんの執事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。