ス ポンサードリンク

2009年01月28日

「第2話 銭ゲバ」ゲバって何?

面白くなってきたーーーーd(^_^)b
って思ったのは、私だけか・・・?

風太郎(松山ケンイチ)と緑(ミムラ)がいくらお友達になったとはいえ、あのクルージングパーティーに、招待して他のお友達に紹介するかなぁ・・・風太郎を(^^;
お嬢とはいえ、空気読めなさすぎ。でも、おかげで風太郎にはチャンスが到来するわけだけどね。

さて、皆さんは「銭ゲバ」の「ゲバ」って知ってますか???

実は、「内部ゲバルト」のゲバなんです。

???んじゃ、ゲバトルって何?

ゲバルトとは、ドイツ語で暴力とか内部抗争・・・の意味。巨大な権力などに立ち向かうって感じの「暴力」で、「レジスタンス」って感じの意味だと思います。
今ある政治に逆らって、暴力的に反対政治運動するとか、そういうときに使う言葉。

ある、一定の年齢の方には「ゲバトル」って言葉は懐かしいと思います・・・年がばれる(*^_^*)

で、横にずれましたが、結局、風太郎は三国造船のお嬢様・緑とお友達に、そして緑の妹・茜(木南晴夏)の心をうまいこと掴んでしまう。

風太郎、三国家に転がり込むのかどうか、楽しみ♪

一方で、風太郎が殺した寺田の捜査を担当している刑事荻野(宮川大輔)は、実は風太郎が少年時代に撲殺してしまった方の兄弟!どちらの事件も風太郎が犯人ではないかと問い詰める、荻野。

最後は捕まるのかな・・・風太郎。

トライアングルがちょっと、私の中で中だるみ系になってきたので、銭ゲバの推理が楽しい感じ♪松ケンびいきって事もあるけど(*^_^*)

来週の展開が気になる!




posted by ドラマとめ at 19:26 | 銭ゲバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

「第1話 銭ゲバ」見たヅラ。

週末「銭ゲバ」見た見た(^^)
松ケン、怖いよ〜(^^;でも、さすがはカメレオン俳優、執念のある不気味な感じ旨く演じていましたね!「セクロボ」のロボとはとても別人!!!

んで、内容・・・特に回想シーン!涙なくして見られませんでした(;;)
松ケン役の子役は、「流星の絆」のお兄ちゃん役の子!!!今回またしても、なんとかわいそうな役どころ・・・(^^;すっかり、あの子のお顔、覚えちゃいました。演技も、文句なし!
さて、原作(漫画)は、70年代の物語みたいです。あの日雇いの仕事場、現代でも存在する風景なのでしょうか?どうなんだろう・・・?番号で従業員を呼んだり、初め刑務所なのかと思ってしまったのは、私だけ?

松山ケンイチ扮する蒲郡風太郎、小さい時に「金遣いの荒い父親と絶える病弱でやさしい母親」のもとで暮らすが、結局母はあっけなく病死。貧乏を恨み父を恨み、やがてはお金に復習をしてやろう・・・とゆがんだ大人に成長していく。
母が死んだ後、混乱した風太郎が、お世話をしてくれていたある方を撲殺してしまう。

また、時は現代に戻り、お金に困った同僚の寺田(田口トモロヲ)が風太郎の金を盗もうとして、ケンかになり、やはり寺田も殺してしまう。

寺田の事件を捜査している荻野聡(宮川大輔)は、何で風太郎の名前を知っているんだろう?昔、風太郎が撲殺してしまった事件も担当していた?か、殺されてしまった人の身内か・・・?

それから、三國造船の娘・緑(ミムラ)とその妹との再会とこれからがかなりドラマのポイントになって行きそう。後、来週は憎む父とも再会するようなので、こちらもどうなることやら・・・。


そうそう、視聴率・・・「12%」!!!

微妙(^^;
でも、土曜の9時で、あの通り重たいドラマ、大健闘ってことでOK(^^)
そう言えば、裏で「ハリポタ」もやっていたしね(^^;うんうん、重ね重ね大健闘です。

前回、松山ケンイチの初主演ドラマだった「セクシーボイス アンド ロボ」がイマイチ振るわなかったので、ヒットするといいなぁ。
来週も見るズラ〜。
posted by ドラマとめ at 22:19 | 銭ゲバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。