ス ポンサードリンク

2009年01月28日

「第2話 銭ゲバ」ゲバって何?

面白くなってきたーーーーd(^_^)b
って思ったのは、私だけか・・・?

風太郎(松山ケンイチ)と緑(ミムラ)がいくらお友達になったとはいえ、あのクルージングパーティーに、招待して他のお友達に紹介するかなぁ・・・風太郎を(^^;
お嬢とはいえ、空気読めなさすぎ。でも、おかげで風太郎にはチャンスが到来するわけだけどね。

さて、皆さんは「銭ゲバ」の「ゲバ」って知ってますか???

実は、「内部ゲバルト」のゲバなんです。

???んじゃ、ゲバトルって何?

ゲバルトとは、ドイツ語で暴力とか内部抗争・・・の意味。巨大な権力などに立ち向かうって感じの「暴力」で、「レジスタンス」って感じの意味だと思います。
今ある政治に逆らって、暴力的に反対政治運動するとか、そういうときに使う言葉。

ある、一定の年齢の方には「ゲバトル」って言葉は懐かしいと思います・・・年がばれる(*^_^*)

で、横にずれましたが、結局、風太郎は三国造船のお嬢様・緑とお友達に、そして緑の妹・茜(木南晴夏)の心をうまいこと掴んでしまう。

風太郎、三国家に転がり込むのかどうか、楽しみ♪

一方で、風太郎が殺した寺田の捜査を担当している刑事荻野(宮川大輔)は、実は風太郎が少年時代に撲殺してしまった方の兄弟!どちらの事件も風太郎が犯人ではないかと問い詰める、荻野。

最後は捕まるのかな・・・風太郎。

トライアングルがちょっと、私の中で中だるみ系になってきたので、銭ゲバの推理が楽しい感じ♪松ケンびいきって事もあるけど(*^_^*)

来週の展開が気になる!




posted by ドラマとめ at 19:26 | 銭ゲバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

「第2話 ありふれた奇跡」じゃ無くて「リセット」を

第2話 ありふれた奇跡

最初に・・・やってしまった(;_;)

録画し忘れちゃいました(;_;)ショック。実際は忘れたのではなく、裏番組の「リセット」を撮ってしまって・・・。それはそれで、面白かったんだけど、すっかり「ありふれた奇跡」とんじゃってました。なので、今日からちゃんと毎週録画に設定します(;_;)

んなわけで、ホームページ行ってあらすじ、見てきますぅ。






ただ今、見てきましたぁ。

やっぱり、死のうとしたことがあったんですねぇ。2人とも。これから、その陰がちょっとづつストーリーと混ざり合っていくのかなぁ。
で、二人の距離も、どうなるのか気になるところ。

目まぐるしく劇的な展開があるような、ドラマでもないが・・・じっくりと見たいとおもいます。つーか、3話は絶対に見ますぅ。




おまけ
【スペシャルドラマ・リセット】
3本だて。私は、番宣でチュートリアルが出ていたので、ついつい勢いで予約してしまいまして・・・(^^;

タモリの「世にも奇妙な物語」的な感じ。で、ストーリーテーラー的な役目なんだけど、人間には無い不思議な力を持つ「アンリ」役に津川雅彦。

要するに、悲しい結末を迎えてしまい呆然とする人たちの前に、突如アンリが出現。こんなことになって後悔しているなら、重要な岐路であったあの時に時を戻してリセットしますか?と問いかける。リセットする主人公に別の人生がまっているのだが、その人生の結末がリセット前の人生より幸福かそうでないかは、リセットしてみなければ分からない・・・。

やっぱり「世にも・・・」に作りが似ていると思った。
ストーリーは、 昔、山下 智久と長澤まさみがやっていた、「プロポーズ大作戦」にも似ていると思った。あのドラマの三上博史扮する妖精役が、このドラマのアンリって感じかな・・・。

次回からは、連ドラとして、アンリ役をココリコの田中直樹に引継ぎ、進めていくらしい・・・。が見ようかは、検討中。。。

posted by ドラマとめ at 18:01 | ありふれた奇跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「第1話 ありふれた奇跡」気になるラストの台詞は・・・。

第1話 ありふれた奇跡

ラストのシーンまで、なんだかフワァーと見ていた。特に、つまらないとか、飽きると言う感じも無いんだけど、淡々と物語が進んでいく感じ・・・ほのぼのって感じでも無いんだけど。

まぁ、考えてみれば、「ホームに立つ1人の男性藤本誠(陣内孝則)の飛び込み自殺を、それぞれ他人の中城加奈(仲間由紀恵)と田崎翔太(加瀬亮)が間一髪のところで取り押さえる。」そんなシーンから始まるドラマだから、ほのぼのとはやっぱり違うかなぁ。

で、気になるラストシーンの藤本の一言は

「お二人とも死のうと思ったことがあるんじゃないかと・・・」

で終わる。

「飛び込もうとするその瞬間まで自分はホームの後ろに下がり、他人からは自殺をするようには絶対見えなかったはず。それなのに、何故自分が飛び込もうとしているのが分かったのか?」と問いかける藤本のとどめの台詞が上の台詞。

終始、フワァーとした感じで進んでいくストーリの中、最後の最後にこの一言は、見ている者をドキッとさせる。ちょっと鳥肌たったし(^^;

もちろん、ここで終わられたら、次回を見るしかないって感じかな。

でも、あの独特のフワァーとしたテンポ、苦手な人は苦手かも。しかも、仲間由紀恵の棒読みのような台詞回しも、わざとなのかなぁ(^^;私は嫌いじゃないけど・・・。

ハラハラドキドキさせるドラマとはマ逆なんだけど、でも、でも引き付ける所は引き付けるって感じで、私は好感持てたドラマでした。

posted by ドラマとめ at 16:38 | ありふれた奇跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「第2話 メイちゃんの執事」聖ルチア学園校則

メイちゃんの執事

う〜ん、今回も軽い感じで進んでいきました。若干、友情とか恋的な要素も混ざりつつ、やっぱりドタバタしていて真剣に見られません(;_;)感情移入ができる、内容でもないしね(^^;

2話で分かった、
【聖ルチア学園の分かった校則】

・執事の服装も仕えている生徒のランクで決められており、陰クラスの執事はジャケットの着用が許されていない。

・生徒たちのランクは、下から「陰<オンブラ>」「月<ルナ>」「太陽<ソーレ>」

・生徒のランクは、成績、淑女としての正しい振る舞いにより決まる。

・ベルには10個の窪みがあり、緑の星を10個で月<ルナ>、青い星10個で太陽<ソーレ>になる。

・多くの生徒は月のまま卒業し、太陽ランクまで上がれるのは100人に一人程度らしい。

・お嬢様と執事との恋愛は禁止

って、なんじゃそりゃ。。。疲れたぁ(´`)
「ポイント集めて、お嬢様になろう!」ってそんな感じかな・・・。
ドラマだから別に何でもありなんだけど、自然と不自然がうまくかみ合ってなくて、うぅん気持ちよくない感じ・・・。でも、また見ちゃうんだけど(^^;エヘヘ
でも、基本、コメディーと言うかかみ合ったドタバタドラマは好きです!ハイ!
もう少し、見せるところをパンチ聞かせて見せてくれることを、希望っす!
(水嶋ヒロの魅力は全開にパンチ効いてますけどね♪うん、うん、あんな事言われてみたいし(*^_^*))

で、今回は、意地悪お嬢様のリカがメイに、聖ルチア女学園の伝統である決闘<デュエロ>を申し込む。デュエロとは、お嬢様の代理として執事同士が戦い、負けた方が相手に自分の執事を差し出す、というもの。
で、結局、理人が買って、メイはリカの執事・青山(真山明大)を頂くことに。

それで、色々あって結局は数日後メイにリカが頭を下げて、青山をリカの元に返す。
メイと執事・理人との信頼関係、リカと執事・青山との信頼関係、リカとメイの友情が最後には、良い感じになって落ち着く。

そうそう、理人弟は執事試験に理人よりも良い成績で合格し、リカの執事見習いと言うことになっている。なんか、ガサツな剣人が優秀な成績で執事の試験に1発合格って、何か後々のストーリの伏線なのかなと、怪しんでみたりした。
どうでしょうか?

ルチア様が、実は、本名、本郷詩織――メイ同様、本郷家を継ぐ資格を持つ者だった。そんで、あんなにメイのことを陰で嫌って嫌がらせを企んでいるのかと思いきや、理人とも昔なにかありそうな感じ・・・。
今後、その辺りも、気になるとこ・・・カナ。

メイちゃんの執事
第1話■第2話■第3話


映画視聴率速報・その他のドラマ映画レビューはドラマランキング
posted by ドラマとめ at 16:09 | Comment(0) | メイちゃんの執事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

「第1話 メイちゃんの執事」仮面ライダーブラザーズ参上

うぅ〜ん、「イケメンパラダイス」か「花男」のデジャブかと思った(^^;
演出とかセットもそっくりだし・・・。どうも、イケパラの企画した方がスタッフにいらっしゃるようですね。

メイちゃんの執事初回の視聴率は14.9%。

まぁ、そういう感じのドラマです(^^;ってどんなドラマなんだぁ??

では、あらすじ・・・
とある町のうどん店のひとり娘で、17歳の女子高生・東雲メイ(榮倉奈々)が、突然の両親の死によって、自分が大企業・本郷グループの血を受け継ぐものだという事実が明らかになる。

んで、なんだかんだで、聖ルチア学園というお嬢様学校に通うことになり(学費は月1億円だそう(^^;)、本郷グループに代々仕えてきた執事の家系・柴田家の若きホープ柴田理人(水嶋ヒロ)がメイの執事になる。容姿端麗で頭脳明晰、強じんな肉体と精神力を併せ持つ理人は公式執事資格の最高位であるSランクを獲得している数少ない執事のひとりで、「うどん娘」メイのピンチを度々助ける事になる。

うぅ・・・、ちょっとイケメン系ドタバタ学園ドラマって感じなのがちょっと残念。でも、その分気軽に見られるけど♪

水嶋ヒロ扮する柴田理人と理人の弟役で破天荒でメイの幼馴染に柴田剣人(佐藤健)はと言えば、そう!!!


「カブト」&「電王」ブラザーズ!!!


すごい、仮面ライダーの2大競演♪天堂君と良太郎君っす♪
夢の競演だわ〜目の保養、目の保養(*^_^*)

そんでもって、学園最高の淑女の称号を与えられた絶対権力者・ルチア様(山田優)とその執事執事(向井理)って『正義の味方』で夫婦役?

なんか、他のドラマの名前がたくさん浮かんで来る、ドラマだなぁ。

今回は、庶民の臭いプンプンの転校生メイが、お嬢様同級生に喧嘩吹っかけられて、なぜか「お料理対決」って事に・・・なんじゃそりゃ???

で、ライバルの嫌がらせにあったりして、食材が使えず、小麦粉で自慢のうどんを作ることになるが、お嬢様学校の審判はあっけなく、メイは敗北。学園を去ろうとするが、本郷グループのじいさんが、「仲の良かった両親を同じ墓に入れたければ、学園生活を送り続けろ」との命令で、考え直し、お嬢様になることを決意する。

次回は、執事同士の対決らしいが・・・
イマイチドラマに入りきれない私だが、目の保養に来週も見ることにする(*^_^*)

メイちゃんの執事
■第1話■第2話第3話

映画視聴率速報・その他のドラマ映画レビューはドラマランキング

posted by ドラマとめ at 20:55 | Comment(0) | メイちゃんの執事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。