ス ポンサードリンク

2009年01月23日

「第1話 キイナ」セクスィー部長&専務も

キイナ〜不可能犯罪捜査官〜

他のドラマからちょっと送れて、「キイナ」スタートしましたね。

初めに、初回視聴率は16.5%でした。かなり、良いです!


主演は、菅野美穂さん。ドランクドラゴンの塚地武雅さん、まさかの元彼役とは・・・(^^;んで、上司の雅一馬役・御手洗修司役に沢村一樹さん&草刈正雄。うぉぉぉぉ、こ、これは、セ・セ、「セクスィー部長」と「セクスィー専務」!でも、沢村さんは笑顔一つ無い、ニヒルな感じの役どころ。もとは、そういう役が多かったように思うんだけど、最近はちょっと3枚目な感じ(^^;だから、久しぶりに新鮮で良いかも。

ストーリは、1話完結の推理・刑事もの?ちょっとタイプは違うけど、「ヴォイス 」とも似ているかも。

女性捜査官の春瀬キイナ(菅野美穂)は、不思議な事件ばかりを捜査する1人きりの部署、通称「ベッパン」に所属。キャリア組ながら現場を志願した新人捜査官・山崎タケル(平岡祐太)とコンビを組んで捜査に当たる。

今回の話は、心臓を移植した日から、同じ殺人風景を見てしまうという女性(白石美帆)からの依頼。「きっと、この心臓を提供してくれた方が私に訴えている!その方は、殺されたのではないか?」

結局、依頼者の言うとおりで、「自殺」とされていた死因は、「他殺」に変わりました。
でも、そういう事って、あるんですねぇ・・・。番組内でも、説明していましたけど、人間の体って不思議だ。

そうそう、この犯罪トリックは、昔「仰天ニュース」で放送していたもの!!!って気が付いた方いますか?
キイナが犯人追い詰める時の映像はまさに「仰天ニュース」で流れていた映像そのもの・・・。

調べてみたら、このドラマ「仰天ニュース・特命リサーチ」なんかで放送された本当の事件を題材にしているんだとか。主演の菅野美穂さんもワイドショーに番宣で出演されたときに、おっしゃっているようなので、間違いないですね。
そういう、視点から見ても、意外と面白いかも・・・。

それから、キイナのあの特殊能力もすごい。「サブァン症候群」なの?
見たものを、形として一瞬で覚えてしまう。それから、速読!読めるのはすごいけど、メモを取ったりしていないので、瞬発的な記憶力のみならずいつまでも記憶しておくことができる!
「受験勉強とかどうだったわけ〜」とまるっきり現実的なこと考えてしまう、一般人の私でした(^^;
posted by ドラマとめ at 16:24 | キイナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

「第1話 銭ゲバ」見たヅラ。

週末「銭ゲバ」見た見た(^^)
松ケン、怖いよ〜(^^;でも、さすがはカメレオン俳優、執念のある不気味な感じ旨く演じていましたね!「セクロボ」のロボとはとても別人!!!

んで、内容・・・特に回想シーン!涙なくして見られませんでした(;;)
松ケン役の子役は、「流星の絆」のお兄ちゃん役の子!!!今回またしても、なんとかわいそうな役どころ・・・(^^;すっかり、あの子のお顔、覚えちゃいました。演技も、文句なし!
さて、原作(漫画)は、70年代の物語みたいです。あの日雇いの仕事場、現代でも存在する風景なのでしょうか?どうなんだろう・・・?番号で従業員を呼んだり、初め刑務所なのかと思ってしまったのは、私だけ?

松山ケンイチ扮する蒲郡風太郎、小さい時に「金遣いの荒い父親と絶える病弱でやさしい母親」のもとで暮らすが、結局母はあっけなく病死。貧乏を恨み父を恨み、やがてはお金に復習をしてやろう・・・とゆがんだ大人に成長していく。
母が死んだ後、混乱した風太郎が、お世話をしてくれていたある方を撲殺してしまう。

また、時は現代に戻り、お金に困った同僚の寺田(田口トモロヲ)が風太郎の金を盗もうとして、ケンかになり、やはり寺田も殺してしまう。

寺田の事件を捜査している荻野聡(宮川大輔)は、何で風太郎の名前を知っているんだろう?昔、風太郎が撲殺してしまった事件も担当していた?か、殺されてしまった人の身内か・・・?

それから、三國造船の娘・緑(ミムラ)とその妹との再会とこれからがかなりドラマのポイントになって行きそう。後、来週は憎む父とも再会するようなので、こちらもどうなることやら・・・。


そうそう、視聴率・・・「12%」!!!

微妙(^^;
でも、土曜の9時で、あの通り重たいドラマ、大健闘ってことでOK(^^)
そう言えば、裏で「ハリポタ」もやっていたしね(^^;うんうん、重ね重ね大健闘です。

前回、松山ケンイチの初主演ドラマだった「セクシーボイス アンド ロボ」がイマイチ振るわなかったので、ヒットするといいなぁ。
来週も見るズラ〜。
posted by ドラマとめ at 22:19 | 銭ゲバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「第3話トライアングル」私が愛した容疑者???

前回の流れから、まずサチ(広末)を刺そうとした、犯人は、「頬にあざのある男」に雇われたと言うこと。郷田の傷もたいしたことなく、ホッ。

で、佐智絵が書いた4年生のときの手紙・・・。「頬にあざのある男」のことが書いてあったのに、何故、舜(稲垣吾郎)の父、信造(北大路欣也)は嘘の発言をするのか?!怪しい〜。昔、担当者の自分が解決できなかったから見え張ってるとか、そんな簡単な理由じゃないよね〜。う〜ん、怪しい。

んでんで、やっと出てきた大杉連さん。サチの義理の父役。佐智絵の本当のお父さんだよね、きっと。これまた、なんで志摩野(堺雅人)と知り合い?つーか、志摩野(堺雅人)は一体何者?!だんだんと、首を突っ込んで知りすぎてしまう、サチの友達の真知子(市川実和子)も心配だし・・・。

そう、ちょっと気になったんだけど、今日のサブタイトルテレビ欄では「私が愛した容疑者」。なのに、実際のオープニングでは「3 容疑者」になってる。
気づいた方いますかぁ?

「私が愛した容疑者」をつけるはずだったとして、そうなると最後のシーンから、「私」は佐智絵の母、「容疑者」は「頬にあざのある男」!つまり、2人は不倫関係だったとか。
どうでしょうか?私の推理(^^;

それに、なんとなく気づいていて不快に思ったか、「ほほ傷の男」から嫌がらせをされていたかで、佐智絵は悩んでいたとか・・・どうでしょう?!

「頬にあざのある男」・・・これから大注目です。あ、役者さんは宅麻伸さんでしたね。

それから、堺雅人さん扮する志摩野は、何者?!かなり、行動が謎ですよね。しかもしかも、公式サイトによると郷田たちより4歳年上の設定なんですよねぇ・・・(^^;ちょっと、無理を感じるのは私だけ?そうなると、郷田の無くなったお兄さんと同級生?!なぁぁぁんて、勘ぐり過ぎな私(^^;

頑張れ!「ゴウちゃん」「黒スケ」「丸スケ」〜♪


posted by ドラマとめ at 21:49 | トライアングル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

「第2話トライアングル」谷原章介さんのクルクルヘアー

怪しげなタイトル、失礼しました。
だって、だって、気になるんだも〜ん♪谷原章介さんのクルクルした襟足♪襟足って言うか、耳の横?下?谷原さんだから似合うヘアースタイル。章介王子ヘアー♪

で、ついでに言えば、ゴローちゃんの警察官もぎこちなくて気になる(^^;「西署の黒木です」って言うシーン。警察手帳出す姿が、なんとなく・・・私だけかな(^^;

で、横にずれましたが・・・・

サチは幼女でしたかぁ。そう言うこと。で、お母さんは不安定状態なのねぇ。納得。

「ありがとう。葛城佐智絵さんを殺してくれて、ありがとう。」
ってサチの台詞。身代わりで生きていくことを決意している様子。
そういった葛城家の事情も知る堺雅人扮する志摩野は、いったい誰なの?関西弁のお友達もお知り合いみたいだし・・・。

この辺も、まだまだ謎が多くて、怪しい。

それにしても、堺さん。今日も、笑ってましたね(^^)
さすがは、「喜怒哀楽を全て笑顔で表現する」男!!!
今後の笑顔にも目がはなせません。

で、またしても横にずれましたが・・・
最後のシーン
「助けてあげてください。
 ぼくはまだ子供だから。どうすればいいかわからないから。
 でもすごく悩んでると思うから。葛城佐智絵さんを助けてあげてください。」

この郷田(江口)の25年前の手紙の意味は?
サチ(広末)が、なんで、誰に刺されそうになった?身代わりになった郷田(江口)は?

うーん、まだまだ謎だらけ。
posted by ドラマとめ at 11:45 | トライアングル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「第1話トライアングル」江口洋介が犯人なの!?

とにかく、豪華出演陣!!!

江口洋介、広末涼子、稲垣吾郎、北大路欣也、相武紗季、谷原章介、佐々木蔵之介、堺雅人、小日向文世、大杉漣、風吹ジュン・・・ってオイ!

皆さん、主役級の役者さんばかり。昨年、主演・助演で見た方ばかりですよねぇ〜。つーか、谷原さん、佐々木さん、そして江口洋介さんの同窓会!行きたいよ!絶対ありえねぇ〜(;;)素敵過ぎる、同窓会!
・・・おっと興奮しすぎ(^^;マギーさんは欠席で、ナイス選択!ってそうじゃないって(^^;失礼

そんなワケで、皆さんがそれぞれミステリアスな雰囲気出まくりで、初回から全員怪しいのなんのって・・・。

25年前の葛城佐智絵事件の真相とは?
郷田は一体、何の目的で25年前の事件を調べ始めたのか?
そして、「死んだはずの葛城佐智絵名乗る女」はいったい誰なのか?

序盤から、江口扮する郷田がいかにも犯人かのようなストーリー展開は、多分お約束で、江口が犯人ではないんでしょうね・・・と思いつつもドキドキして見てました。
広末涼子扮する葛城佐智絵も、死んだはずなのに何故?
多分、郷田が35才・佐智絵(サチ?)は30才の設定になってるようなので、広末扮する葛城佐智絵は本人ではないのでしょう・・・じゃ誰?妹とか?

なんか、豪華出演人と謎が多すぎて、頭がグルグルしてますが、来週も見るの決定です。

posted by ドラマとめ at 11:08 | Comment(0) | トライアングル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。